Infomations家づくりの豆知識

家づくりの豆知識

2020.12.23 家づくりの豆知識

注文住宅のキッチンを決める際のポイントとは?松本市の住宅会社が解説!

新築する際に失敗しやすいものにキッチンがあります。
他の間取りに比べると、家族全員が頻繁に使用する場所ではないので優先順位が低めになりがちです。
しかし、キッチンで長時間過ごす人には、モチベーションに関わるのでしっかり考えましょう。
松本市の業者が注文住宅でキッチンのよくある失敗、ポイントを解説します。

□キッチンでよくある失敗について

新築のキッチンで失敗しやすいポイントは、どのようなものがあるでしょうか。

よくあるのは、収納とキッチンの高さ、キッチンスペースの狭さです。
収納に関しては、スペースが少ない、使い勝手が悪いなどという不満を抱える人が多いです。

具体的には、入れることはできるけど、取り出しにくいといった具合です。
重ねれば入るけれど一番上の物しか取り出せなかったり、高い位置に収納があるため踏み台に乗らないと手が届かなかったりすると使い勝手が悪く不便ですよね。
また、床下収納の位置を失敗し、扉の上に収納棚がある、パントリーを作ったものの換気が悪くて使えなかったというような失敗例もあります。

システムキッチンに関しては、作業台の高さを使う人の背丈に合わせられます。
しかし、意外と知らない人が多いのではないでしょうか。
標準的な高さにして失敗することがよくあるので、特に背が高い人や低い人は注意が必要です。

また、リビングのスペースを取りすぎて、キッチンが狭くなってしまうこともよくある失敗でしょう。
キッチンには、最低限、食器棚や冷蔵庫を置く空間が必要です。
そのことを頭に入れて十分な空間を確保しましょう。

次は、キッチンの間取りについての失敗例を説明します。
同じ面積のキッチンであっても物の配置によって動線が変わるため、間取りは重要です。
システムキッチンには、I型とL型があり、I型は、移動距離が長くなりますが、L型は、ほとんど動かず作業できます。
そのため、L型を選んだ方が毎回の料理が楽になり、時短にもなるでしょう。

ただし、設置スペースや収納スペースには違いがあります。
対面キッチンにした場合、キッチン前にどれくらい壁を設けるかで収納スペースの量に差が出てきます。
レンジ前に壁を設置し、シンク前だけに対面スペースを設けると使いやすくなるでしょう。

アイランドキッチンを設置した間取りは失敗したと感じる人が多いです。
アイランドキッチンは、キッチンとリビングの境目がわかりにくく、収納も少ないです。
生活感が出てしまい周りに何も置けないのに、物をしまう空間がないため不満を感じる人が多いです。
ある程度キッチンとリビングの間に壁がある方が、調理の音や匂いを遮断できるので生活しやすいでしょう。

 

□キッチンを選ぶ際のポイントについて

キッチン選びの基準として家事を楽にし、時短できるような使い勝手の良さを重視する人が多いです。
特に共働きの家庭では、少しでも作業効率を上げたいと思っている人が多いのではないでしょうか。

作業効率を上げるには、収納がポイントです。
収納では、どれぐらい入るかという量を重視する人が多いかもしれません。
しかし、量よりも位置の方が重要です。
キッチン内での作業の流れを考え、使う場所の近くに適切な収納を設けることが大切です。

例えば、コンロに使用する鍋、菜箸、調味料は、コンロのそばに設置すると使い勝手がいいでしょう。
必要なものが収まり、出し入れがしやすいことも大切です。
少しの時間を短縮することであっても、長期的にはかなりの時間短縮になります。

次は、収納を選ぶポイントについて説明します。
設置する場所の広さや間取り、キッチンの位置関係を考慮した上で、収納したい量や種類をリストアップしていき、必要な物を組み合わせ、ぴったりの収納を考えましょう。

カープボードは、リビングから見えるので見た目が重要です。
家電などを扉で隠せるものもあります。

また、ウォールキャビネットは、収納したい物の大きさや量、身長に合わせたサイズを選びましょう。
ウォールキャビネットの高さで、棚板との間隔が変わります。
どのぐらいスペースを確保したいか考えてから決めましょう。

 

□クローズタイプとオープンタイプのキッチンについて

キッチンの間取りを決めるときに、クローズタイプにするかオープンタイプにするか考える必要があります。
クローズタイプは、他の部屋から見られないため料理に集中できるというメリットがあり、デメリットは、リビングにいる人と会話しながら料理を楽しめないことです。
オープンタイプは、ダイニングやリビングと繋がっているため開放的なのがメリットで、デメリットは、音や匂いや油飛びの対策が必要なことです。
一人で集中して料理を楽しみたいのか、それとも家族と会話して楽しみたいかなど個人の好みに合わせてキッチンの間取りを決めるといいでしょう。

 

□まとめ

キッチンは重要な間取りで、長時間キッチン内で過ごす方もいるでしょう。
そのため、無駄な動きをなくし、移動距離が少なくなる構造にする必要があります。
また、予め調理の際の動き方を考えておくと、冷蔵庫や食器棚の適切な置き場所がわかるはずです。
注文住宅でキッチンを作る際は使いやすいキッチンにしましょう。

無料相談会

Frame of mind住まいづくりの考え方

家づくり相談会参加無料

「誰に何から相談すればいいかがわからない・・・。」

家づくりのことで悩んでいるあなた。
まずは優プランに相談してみませんか?
デザイン・間取り・お金のこと、なんでもかまいません。
まずはお気軽におしゃべりをしにきてください。

ご予約はこちら

FreeBook資料請求

松本市で家を建てようかお悩みの方へ
家づくりに役立つ資料を無料でお届けいたします。
お気軽にお問い合わせください。

資料請求はこちら

資料請求

Contact us!お電話でもメールでも、お気軽にお問い合わせください

  • 0120-196-390
  • メールでのお問い合わせ

営業時間 9:00 ~ 18:00  定休日 水曜・隔週の火曜