Infomations家づくりの豆知識

家づくりの豆知識

2022.04.23 家づくりの豆知識

松本市で注文住宅をお考えの方へ!打ち合わせでの注意点を解説します!

松本市で注文住宅をお考えの方はいらっしゃいませんか。
注文住宅は、建築会社との打ち合わせを重ねてつくりあげる必要があります。
実は夢のマイホームをゲットするために、打ち合わせで気をつけたいいくつかの注意点があるんです。
今回は、家づくりで後悔しないために知っておくべき注意点をご紹介します。

□打ち合わせで決めることを解説します!

そもそも打ち合わせでは何を決めていくのでしょうか。
ここからは、打ち合わせで決定することをご紹介します。

注文住宅は既存の家の中から選択する建売住宅とは異なり、全ての仕様を自由に決められるため非常に自由度が高いのが特徴です。
そのため間取りや必要な設備、使用する建材や資材、外構工事プランなどを何もない状態から決めていく必要があります。
リビングや寝室をどこにするか、キッチンや床暖房をどうするか、インテリアや外観デザインに使用する材料はどうするか、庭づくりはどうするかなど、決めなければいけないことは山積みです。

少し大変そうに感じますが、これらのことを建築会社と話し合いながら決めていく際に大切なことが1つあります。
それは自分たちのイメージをしっかりと共有することです。
お互いのイメージにギャップがあると、最初は何事もなくとも後から大きな問題が発生する可能性があります。

後々後悔しないためにも、仕様やデザインなどへのイメージや意見はどんなに細かいことでも担当者にきちんと伝え、共通認識を持たせることが大切でしょう。
また、資金計画やスケジュールも共有し、無理のない範囲の予算か、いつまでに完成させたいのかなどをきちんと相談しておきましょう。

 

□打ち合わせに関する注意点をご紹介!

決めることが多く、長期間に何度も行われる打ち合わせには注意すべき点が6つあります。
ここからは、6つの注意点についてご紹介します。
ぜひ意識して打ち合わせに臨みましょう。

1つ目は、予算の上限を決めておくことです。
注文住宅を買うときには購入費用でのトラブルがしばしば発生します。
さまざまなグレードの資材や設備を見たことで一般的なものでは物足りなくなったり、こだわりすぎたりして予算を超えて困ってしまう方が後を絶ちません。
上限を決めておくことで打ち合わせの最中に熱くなってしまうことが少なくなり、予算を考えて冷静な判断を下せます。

2つ目は、事前準備をきちんとしておくことです。
必ず決めておくことをおすすめしたいことは3点あります。

1点目は、理想の家のイメージです。
たとえ家族の中でも、頭の中で思い描いている家のイメージは異なっているものです。
ここにギャップがあると後々困るので、全員で共通のイメージをもっておくようにしましょう。

2点目は、こだわるポイントとその優先順位です。
全てにこだわってしまうとすぐに予算を超えてしまいます。
こだわる箇所や優先順位を明確にすることで、担当者が提案しやすくなるほか、イメージのギャップがうまれにくくなります。

3点目は、おおよそのスケジュールです。
子どもが来年中学校に上がるといった理由で完成時期をずらしたくない場合は、そのことをきちんと担当者に伝え、無理のないスケジュールを組んでもらいましょう。

3つ目は、記録を取っておくことです。
後々トラブルが起きたときのための対策として、できる限り細かいところまでメモや撮影、録音などの手段で記録しておきましょう。
なお撮影や録音は打ち合わせの場にいる人全員に必ず許可を取ってからするようにしてください。

4つ目は、不安な点や疑問点をはっきりさせることです。
少しでも疑問や不安があれば必ず解決するようにしましょう。
工事の途中で仕様を変更する必要が生じて追加料金が発生することになったり、工事自体をストップしなければいけなくなったりと、後々大きな問題になる可能性があります。

5つ目は、打ち合わせに疲れないように気をつけることです。
事前準備をきちんとすることで、疲れにくくできます。
理想の家のイメージや予算の上限、こだわるポイントを明確化して打ち合わせ疲れを防止しましょう。

6つ目は、まだ小さなお子さんがいる方が気をつけることです。
打ち合わせに連れていくことに不安がある場合は、祖父母や血縁のある方に預けることをおすすめします。
もしどうしても連れていくことになってしまった場合は、お子さんの好きな絵本やDVD、オモチャやお菓子などを持参してみてはいかがでしょうか。

 

□打ち合わせのタイミングや回数はどれくらい?

建築会社や状況によって違ってきますが、目安となるタイミングや回数をご紹介します。
タイミングとしては、「設計前~施工」「建築中」「引き渡し」の3つがあります。
まず「設計前~施工」のタイミングで、最低でも10回はするケースが一般的です。
計画を練っていく非常に大切な段階なので、最も多く時間をかけて打ち合わせをしていきます。

次に「建築中」のタイミングで、2~5回ほどします。
進捗を確認し、順調に進んでいるか、変更点はあるかなどの打ち合わせをします。
最後に「引き渡し」のタイミングで、1~2回ほどします。
ここで最終確認を行います。

 

□まとめ

今回は、打ち合わせで決めることやその際の6つの注意点とは何か、そしてタイミングや回数はどれくらいかをご紹介しました。
ぜひ参考にしてみてください。
当社はあなたのライフスタイルに合ったあなただけの住まいを自由設計で実現しますので、松本市で注文住宅をお考えの方はお気軽にご相談ください。

無料相談会

Frame of mind住まいづくりの考え方

家づくり相談会参加無料

「誰に何から相談すればいいかがわからない・・・。」

家づくりのことで悩んでいるあなた。
まずは優プランに相談してみませんか?
デザイン・間取り・お金のこと、なんでもかまいません。
まずはお気軽におしゃべりをしにきてください。

ご予約はこちら

FreeBook資料請求

松本市で家を建てようかお悩みの方へ
家づくりに役立つ資料を無料でお届けいたします。
お気軽にお問い合わせください。

資料請求はこちら

資料請求

Contact us!お電話でもメールでも、お気軽にお問い合わせください

  • 0120-196-390
  • メールでのお問い合わせ

営業時間 9:00 ~ 18:00  定休日 水曜・隔週の火曜