Infomations家づくりの豆知識

家づくりの豆知識

2022.01.06 家づくりの豆知識

松本市で注文住宅をお考えの方に向けて地震に強い家の特徴をご紹介!

「マイホームは地震に強くしたい」
こうお思いの方は多いでしょう。
日本は災害がよく起こる国ですから、そう思うのは自然なことですよね。
そこでこの記事では、地震に強い構造や地震に強い家づくりのポイントをご紹介します。

□地震に強い家の構造とは?3つの構造を解説します!

地震に強い家の構造には耐震構造や免震構造、制振構造の3つがあります。
それぞれの構造について詳しく解説していきますね。

まずは耐震構造です。
耐震構造とは住まいを支える柱や梁を強化して、地震の揺れに耐えられるようにした構造のことです。
具体的には、筋交いと呼ばれる補強材が入った耐力壁を柱と柱の間に設けます。
これによって耐震性を向上させています。

次は免震構造です。
免震構造とは地震の揺れを直接建物に伝えないようにする構造のことです。
建物と土台部分の間に免震装置を設置し、それによって地震の揺れを吸収します。
一戸建てではあまり採用されていませんが、最近ではマンションでの導入が進んでいるようです。

最後は制振構造です。
制振構造とは建物の壁の中に揺れを吸収する装置を組み込んだ構造のことです。
住まいの耐震性をしっかりと確保した上で、壁の中に備えられた装置が揺れを吸収し地震による被害を最小限に抑えます。
主に3階建てから5階建てのマンションに採用されている構造でありながら、一戸建てのオプションとしても提供されています。

 

□注文住宅を建てるなら知っておきたい地震に強い家の形とは?

では、地震に強い家の形とはどのようなものなのでしょうか。
結論から申し上げますと、平屋が地震や台風のような被害に最も強いです。

その理由は建物の重心の低さとシンプルな形状にあります。
平屋は1階建ての住宅ですので、高さがない分、複層住宅と比較して揺れが小さく、頑丈です。

また、正方形や長方形のようなシンプルな形状をしていることも重要です。
シンプルな形状をしていると地震の揺れを全方向に等しく分散させられます。
逆に住まいの形状が複雑であると、揺れのエネルギーが局所的に集中してしまう部分ができてしまい、大きな被害を受けてしまいます。

このような理由から、平屋は地震や台風に強いと言われているのです。

 

□地震に強い住まいにするためには?

ここでは、地震に強い住まいにするためのポイントを4つご紹介します。
これから紹介するポイントを押さえた上で信頼できる建築会社に相談してくださいね。
意識したいポイントは以下の4つです。

・地盤の強い土地を選ぶ
・耐震等級にこだわる
・基礎工事をしっかり行う
・構造体のバランスが良い家にする

 

*地盤の強い土地を選ぶ

住まいの耐震性ついて考える際、多くの方は建物本体の耐震性に意識が向いています。
しかし地震に強い家づくりをするなら、建物本体だけでなく、地盤にも注目しましょう。

なぜなら、同じ時期に建てられた建物でも、地盤の強弱によって耐震性は大きく変わってくるからです。
事実、軟弱な地盤に建てられた住宅に適切な補強工事を行わないと、いくら建物本体の耐震性が高くても、住まいの重みに地盤が耐えきれずに住まいが傾いたり、沈んだりしてしまうのです。

では具体的にどれほどの強度の地盤が理想的なのでしょうか。

40坪程度の2階建ての木造住宅は約110トンもの重量になりますから、少なくともこの重みに耐えられる地盤が必要です。
一般的には湖や川、沼のような水が近くにある土地は地盤が弱い傾向にあるため、しっかりと見極めるようにしましょう。

 

*耐震等級にこだわる

みなさんは耐震等級というものをご存じでしょうか。
これは建物の耐震性を数値で表した指標であり、1から3まででランクづけされます。
数字が大きいほど、耐震性が強いことを表します。

例えば、耐震等級1の住まいであれば数百年に一度の大地震にすぐには倒壊しないほどの強度を持っており、耐震等級2はその1.25倍、耐震等級3はその1.5倍の強度を持っているのです。

 

*基礎工事をしっかり行う

マイホームを建てようとすると、その土地で地質調査や敷地調査が行われます。
それをもとに、どのようにして基礎工事が行われるのかが決定されるのですが、その工法は専門家でなければほとんど理解できません。

適切な工法でなければ、住まいがぐらぐらしてしまいますので、基礎工事に関する知識を少しでも身につけておきたいですね。

 

*構造体のバランスが良い家にする

先ほども申し上げましたように、地震に強い家の形は平屋のような長方形もしくは正方形です。
特に田の字型の構造にすることによって、バランスをより取りやすくなります。
それに加え、田の字型の建物は気密性や断熱性にも優れているので非常に魅力的です。

 

□まとめ

地震に強い家の構造や地震に強い家にするポイントをご紹介しました。
今回ご紹介した耐震構造や免震構造、制振構造を意識した家づくりでいつまでも快適に暮らせるようにしてくださいね。
また、当社では家づくりに関するお問い合わせを受け付けています。
松本市で注文住宅をご検討の方はぜひご相談ください。

 

次の家づくりの豆知識は ⇒ しばらくお待ちください。

無料相談会

Frame of mind住まいづくりの考え方

家づくり相談会参加無料

「誰に何から相談すればいいかがわからない・・・。」

家づくりのことで悩んでいるあなた。
まずは優プランに相談してみませんか?
デザイン・間取り・お金のこと、なんでもかまいません。
まずはお気軽におしゃべりをしにきてください。

ご予約はこちら

FreeBook資料請求

松本市で家を建てようかお悩みの方へ
家づくりに役立つ資料を無料でお届けいたします。
お気軽にお問い合わせください。

資料請求はこちら

資料請求

Contact us!お電話でもメールでも、お気軽にお問い合わせください

  • 0120-196-390
  • メールでのお問い合わせ

営業時間 9:00 ~ 18:00  定休日 水曜・隔週の火曜